お正月支度 | 着物おでかけを楽しむバッグ―きよいTOKYO®

2020/12/27 14:45

みなさま、こんにちは。

クリスマスの日に私は仕事納め。
年末年始は11連休なんですが
実家からは帰ってこないでと言われたので
東京の住まいでずっと過ごします。
高齢の父に1年近く会えていないので
寂しいですが…我が家には20代のムスメもいるし
都民だしね…移動しないほうがいいでしょう。
私自身も感染したくないので
本や布地を買い込んで
家ごもりを決め込んでいます。
こちらを読み始めています。

還暦着物日記 群ようこ

デビュー作をハードカバーで買って読んで
ファンだったのですが、ここしばらく遠ざかっていたので
楽しく読んでいます。

そんなわけで出かける予定はまったくないのですが
「着物は別腹」とはよく言ったもので
ステキな染帯を買っちゃいました♪
宝づくしの衿に虹暈しの色無地
それにこれを締めたら松の内のコーデじゃない?
…などとひとりごちています。

こういった手描きの染帯がもっと欲しい。
でも世の中の需要はないんでしょうね~。
「その季節しか締められない」なんてのは
現代ではゼイタクな着方なんだと思う。
でも、バブル世代の私はそういう着方がしたい!
スーツみたいなスタイリッシュなコーデより
一目でわかりやすい、季節を感じる着方をしたい!
と思いを強くした、巣ごもりで過ごした2020年でした。

そんな感じで、出かけないのに着物・帯を買ったり作ったりしていて
着物を置くスペースもキツキツになってきました。
いろいろ考えた結果、夏物・浴衣は倉庫保管サービスに
送ることにしました。
夏物は自宅で洗えるものしか持っていないので
普段から利用しているminikuraHAKOで保管します。
明日段ボール箱が届くので、そしたら詰めて送らねば。

そして「これはもう着ないかな」と思うものも選別したので
それをどうしたものかは明日以降に考えようと思います。

こちらの帯はメルカリで買いました。

リサイクルの着物のにおいは自分は大丈夫だけど
一緒に過ごす人が「くさい!」と思ったら悪いから
何日も何日も室内干しします。
こちらの帯も「お正月のタペストリー」がわりに
松が取れるまでかけておこうかな。

今年は春に予定していた浅草テシゴト市が秋に延期になって
それ以外の出展はありませんでした。
来年はもう少し出展したいですね…。
1月はこちらに出展します。

2021年1月20日~1月25日
バッグ作家の発表会 ---縫いつくるカタチ---
バッグアーティストスクールレプレ作品展vol.23&コンテスト

於:イロリムラ(大阪・中崎町)
2021/ 1/20(水)~ 1/25(月)
 20日~24日 12:00~18:30
 25日(最終日) 12:00~15:00
 ※閉場の30分前までに、ご入場ください。
展示会場:[89]画廊 展示室1

※在廊は致しません。
バッグ数点を展示販売いたします。
お近くの方は遊びにおいでくださいね。

東京は今日もいい天気。
それでも近所に買い物に行くくらいしか外に出ない私です(^^;
みなさまよいお年をお迎えくださいね。

※着物のイベントで販売したいと
思っています。
ご興味のある方はぜひご連絡ください。